Hasta la vista Blog

陸前高田。

気仙沼への途中、陸前高田市を通ります。

ここには被災した道の駅がそのまま残されています。

敷地の中には「復興まちづくり情報館」と「東日本大震災追悼施設」が併設されています。







高田の松原の松の残骸が痛々しく残されており…。



情報館の中には様々な展示物がありました。





4枚の連続写真は同じ人が同じ場所から撮影したものです。
わずか数分で町が津波に飲み込まれてしまっています。

以下、4枚の写真は復興まちづくり情報館内の展示パネルを撮影したもので、ここに掲載することは陸前高田市の許可を取ってあります。









そして、こんな模型も展示してありました。



そうです、あまりに有名な陸前高田市のベルトコンベア‼︎









総工費120億円をかけて建設された、長さ3㎞に及ぶベルトコンベア。
土地の嵩上げや高台造成のために山を切り崩して土を運ぶ。
トラック輸送では9年かかるところをわずか2年で成し遂げる。
凄いぞニッポン‼︎
現在、すでに解体工事が行われていました。

その同じ場所にあるのが、これまた世界中から喝采を浴びた奇跡の一本松♪
近づくとこんな看板が。

まだなお、いつ起こるかもしれない地震に対して、気を緩めていないんですね…。
いつかぐっすりと眠れる日が来るんだろうか…。



そして、見えて来ました。





高田の松原の中で奇跡的にたった一本だけ流されなかった松。
残念ながら塩害で枯死してしまいましたが、国内はもとより世界中からのエールと義援金で加工が施され、モニュメントとして残されることになりました。
勇気を与えてくれる象徴として、地元の人ほもちろん、僕のような遠くからの観光客が今もたくさん訪れています。



やなせたかしさんの絵も一本松の隣にありました。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/02(月) 23:27:34|
  2. 協力隊 交流
  3. | コメント:0
<<気仙沼へ。 | ホーム | 岩泉から気仙沼へ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する