Hasta la vista Blog

南三陸町、そして閖上(ゆりあげ)の記憶。

次に僕らが向かったのは南三陸町。

当時何度も繰り返し放映された南三陸町防災対策庁舎。

2015-11-03+13+09+33.jpg

多くの職員の方が犠牲になった建物。

県有化されることになり、2031年までは保存されるそうです。
見るのが辛いから早く解体をというご遺族の意見も多々あったとのことです。

2015-11-03+13+05+27.jpg

そして今回町に入る道がまったく変わっており、自分がどこにいるのか分からないくらいでした。
町はいたるところでかさ上げが行われています。

2015-11-03+13+05+47.jpg

3階建ての庁舎の屋上よりもさらに2mも高い津波だったため、それよりも高くかさ上げが行われているようです。

2015-11-03+13+05.jpg

献花台にお花を供え、何とも言えない気持ちで庁舎を後にしました。

そしてこちらも毎年来ている、南三陸さんさん商店街へ。
この日は祝祭日だったこともあって、けっこう人が来ていました。
昨年は寂しかった…。

2015-11-03 13 19 26 - コピー

予定していた大川小学校跡へは時間的に行くのが難しくなったため、ここでおいちゃんと別れて僕らは昼食を取ることに。
たくさんある食べ物屋さんの中からお寿司屋さんをチョイスし、ばら寿司をいただきました。
美味しくいただきました♪

2015-11-03+13+39+11_20151106181708f9e.jpg

そして高速道路に乗って、大急ぎで(安全運転で)閖上へと向かいました。

閖上の町もかさ上げが始まり、閖上小学校、中学校も移転することになりました。
中学校のすぐ前に位置していた閖上の記憶もそれに伴って少し場所を移転していました。

2015-11-03+15+25+46.jpg

建物は変わりましたが看板は同じです。

2015-11-03+15+26+03.jpg

そして閖上中学校にあった、亡くなった中学生たちの慰霊碑が隣に移されていました。

2015-11-03+15+25+16.jpg

そして残った友達たちからの机に書かれたメッセージボードも一緒です。
このメッセージは心に刺さります(涙)。

yuriage007_.jpg

yuriage006_.jpg

中には以前と同じいろいろな資料があります。
僕らはまずビデオを見せていただきました。
閖上中学校に避難していた生徒さんが必死の思いで撮影した動画から始まり、自衛隊がヘリコプターから撮影した閖上の町がどんどん津波に呑み込まれていく動画が流れます。

当時、何度も何度も放映されていた津波の様子。
今でもYouTubeでたくさん見ることができますね。

子供たちが作った震災前の閖上の町のジオラマ。
津波のことをしゃべってはいけない雰囲気の中、地球のステージの桑山さんたちはどんどんしゃべっていいんだよ、と、心のケアを進められ、子供たちはわいわいとジオラマを作れるようになりました。

yuriage005_.jpg

そして未来の閖上。
子供達の素敵なアイディアが炸裂しています。

津波を飲み込んでしまうロボットがいたり、500mものタワーがあってみんなが避難できる。
大きく高く長い防潮堤もありますよ〜。

yuriage003_.jpg

閖上の記憶のすぐ向かいには東日本大震災慰霊碑が建っていました。
あの塔の高さは津波と同じ…。

2015-11-03+16+03+52.jpg

そして閖上中学校へ。
もうすぐ取り壊されます。

2015-11-03+16+13+35.jpg

2015-11-03+16+13+39.jpg

学校の向かいの家。
不思議なことに津波がこの家の左右に分かれて流れこの家は残りました。
地球のステージにも登場する家です。

2015-11-03+16+13+54.jpg

中学校から見える景色にも土地のかさ上げが行われていることが分かります。

2015-11-03+16+14+21.jpg

仙台駅へ。
毎年のことですが、本当にぐったりと疲れます。
じゃあ、行くのを止めればいいじゃんと思うけど、止めません。
被災地の復興がなるまで続けたい。

今回、娘が同行してくれた。
何を感じたのかな。
どう感じたのかな。

医師を目指す娘、桑山さんにも紹介したいな。

あー、疲れた〜。

それぞれが、疲れの取れそうなものを注文いたしました(笑)。

2015-11-03+17+29+08.jpg

これから東京へ行って宿泊、明日の朝一番の飛行機で、娘は広島へ、僕らは出雲に帰ります!
スポンサーサイト
  1. 2015/11/06(金) 21:09:14|
  2. 協力隊 交流
  3. | コメント:0
<<東京へ。 | ホーム | 気仙沼。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する