Hasta la vista Blog

滝で涼んで潜戸でビビる。その2

さて、次に我々が向かったのは車で15分ほどの加賀マリンプラザしまね。
島根県って細長い分だけ、山から海へあっという間ですよね。

出雲なんかでも海釣りできる砂浜や磯があって、車で2、30分も走れば鮎がいる河川があったり、もう少し奥に行けばヤマメやイワナがいる。
とても恵まれた自然環境なんですよね~。

さて、こちらでは嫁さんがかねてから行きたがってた潜戸巡りの遊覧船に乗ることにしました。
だいたい、僕らは当日、いきなり「今日はどうしようか?」って突然決めるので、なかなか人を誘うことができません。
この日も熊井の滝に向かうために家を出てから「ついでに潜戸巡りもしちゃおうか。」という話になりました。



遊覧船はこの時期1時間おきくらいのペースであります。
最小催行人数が2名。

到着時、待ち時間が40分程あったので、プラザ内の小さなレストランでかき氷。
せっかく自然の湧水の滝で涼んだのに、海は暑くて人工的に涼むことになりました(笑)。



さて、時間となりました。
僕らの他に4名のグループ。

この船でお世話になります。
操船する船長さんの他にいろいろ案内してくれるガイドさんが乗船しておられます。
約50分の旅です。
ワクワクします♪



出発!

船は桂島の近くを通って、桂島の歴史などをしてもらいながら加賀港を出ました。
振り向けばマリンプラザが遠くなっています。



はるか太古の昔に起こった火山活動によってできた斜めの地層を見ながら船は進み、ついに旧潜戸が見えてきました。



近くに作られたわりと新しい桟橋に船は泊まり、我々は徒歩で旧潜戸内に向かいます。
与えられた時間は13分!



子供たちを守ってくれているお地蔵さん。



潜戸への入り口となるトンネル(人工物)の入口です。



入りました。
およそ100mほどでしょうか。
外の暑さは感じません。
途中、何か所かの壁にくぼみが掘ってあり、お地蔵さんがおられます。



さて、いよいよトンネルが終わります。
この先は賽の河原と呼ばれる場所です。



スポンサーサイト
  1. 2016/08/02(火) 15:25:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<滝で涼んで潜戸でビビる。その3 | ホーム | 滝で涼んで潜戸でビビる。その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する