Hasta la vista Blog

滝で涼んで潜戸でビビる。その4

旧潜戸の賽の河原でビビった我々は、次に神の潜戸とも呼ばれる新潜戸へ向かいました。
前方の飛び出した岬に神の潜戸はあります。

ガイドさんのお話だと入口は非常に狭いけど、内部は長さ200m、高さ40mにも及ぶ大きな洞窟とのこと。



西、北、東の三方向に入口があり、船は西の入口から入ります。
入口は狭いため、船長さんから真ん中に座りなおすように指示がありました。



狭い入り口を抜けると左前方に岸壁の上に鳥居があります。
さすが神の潜戸です。



写真が残念ながらボケてしまいましたが、抜群の透明度で海底までくっきり見ることができます。
魚もたくさん泳いでいました。



そして左手に北の入口を見つつ、ガイドさんから神話の話を聞きながら船は進みました。



東の入口から出てすぐに見える小さな洞窟。
旧潜戸まで続いているとか・・・。



この辺りの海岸には神話にまつわる話が数多くあるそうです。



奇岩もたくさんあるとのこと。



象岩。



神話に登場する的島。
猿田彦ノ命がこの穴を的に弓の稽古をされていたそうです。



船は潜戸鼻を周り、先ほど内側から見ていた北の入口を海側から。



岬の先端付近の白い岩肌を高天原に見立て、ちょうど中央付近を高天原を二分するために建てられた屏風が岩と呼ばれる黒い岩が見えます。



灯台の左下に黒い穴が開いていましたが、炊事に使われた釜のあとだそうです。



そして西の入口を遠景から望むと、東の入口の向うに的島が見え、しかも的島の孔とちょうど一直線に繋がって見えるのです。



猿田彦ノ命の母神が矢を射通され、沖の島(的島)まで穴を開けたそうです・・・。



詳しいことがお知りになりたい方は私までメールをください!
嘘です、嘘です。

出雲風土記、古事記、日本書紀などでお調べください♪

さて、涼を楽しんだ一日となりました。
暑い夏にひやりとする涼を楽しんだ一日!

最後の締めが必要でしょう!

ってことで、ツバメヤさんにて生ビール~!!
うーん、こっちの涼もいいですね!



ポテトサラダに



お刺身盛り合わせ。



パクチーと豚肉の冷菜と



熱々のチゲ風ホルモン鍋。
実はエアコンが効きすぎてたので、この時点では熱燗でした(笑)。



涼を楽しむツーは近くのよしだ屋さんへ。
やっぱり熱燗♪



もずく酢。



そして王禄の冷酒と共に出していただいたのは牡蠣の塩辛!
これは凄いです!
好き嫌いが完全に分かれます。
僕はホヤは苦手ですがこれは行けます。
日本酒バンザイです。



そして我らがマミさんおお店へ。



なんと素敵なポスターが2枚、並んでました♪♪



偶然、ハーレー乗りさんのお友達が二組入って来られ、楽しい時間を過ごすことができました。

ごちそうさまでした♪
スポンサーサイト
  1. 2016/08/02(火) 16:37:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<お昼ご飯♪♪ | ホーム | 滝で涼んで潜戸でビビる。その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する