Hasta la vista Blog

須佐の男命イカ♪♪

明け方の強い雨音で目が覚めました。
二度寝しましたが・・・。

午前、8時、うす曇り。
間違いなく今日は雨が降るでしょう。



田万川は穏やかで少し青空も見えました。



ご飯を炊いて、道の駅で買ったイワシの甘露煮とインスタント生みその味噌汁、そして先日購入したコーヒーミルで豆を挽いたコーヒーだけの朝ごはんです。
あ、至高の減塩塩っぺも重要です。
キャンプ場で食べる朝ごはんは文句なく美味しい♪



食後、トレーラーを置いて近所の観光と行きたかったお昼ご飯のお店に出発しました。

まずは西堂寺六角堂に向かいました。

まるで角島大橋みたいな橋(笑)。



漁協前に車を置いて2分程歩いて門前に。



曹洞宗のお寺で明治6年に再建されたそうですが、詳しいことはネットで調べてください。
雰囲気ありますよ。

ただ、残念ながら犬の糞が普通にあちこちに放置されていました。
散歩中の糞だと思いますが、飼い主さん、ちゃんと始末して欲しいですね(怒)!

由緒ある建物が台無しです(涙)。













さて、それから萩市方面に車を走らせます。

途中、須佐のホルンフェルスをスルー(雨ですからw)。

そして道の駅阿武町へ行ってあまりに安い魚の価格に感動しながら再び須佐に戻りました。

お昼ご飯に行ったのは、あまりにもあまりにも有名な口福の馳走屋梅乃葉さん♪♪

今まで何度も前を通ったことか。
バイク乗りさんたちのブログやFacebookに何度も登場するけれど、一度も行ったことがありませんでした。

売りは何と言っても「須佐男命いか(すさみこといか)」というブランド名の付くケンサキイカです。
出雲ではシロイカとして夏の美味しいイカで知られています。

生け簀で生かしたまま注文を受けてから捌く、活イカとしてブランド化した認定店の名産品となっています。



まー、さっきまで泳いでいただけあって、とにかく透明です。



お店の方はとても親切で、食べ方を説明してくださいます。
ゲソとエンペラは無料で天ぷらにしていただけます。

他に有料で炭火焼きや酒蒸しにもできます。

僕らは天ぷらをお願いしました。
間違いなしの美味しさでした!



しかし、お店の方が親切に、僕のと嫁さんのを両方とも天ぷらにしてもいいけど、せっかくですから片一方はお刺身で召しあがってくださいと、トングとハサミで捌き方を教えてくださいました。

トンビ(口ばし)と眼以外をかなりきれいに切り取って、軟骨や肝、そしてイカの皮までも甘くて美味しいからとそのまま食べるようにと勧めていただきました。

いやー、僕もシロイカ釣りをして新鮮なものを食べたことは何度もあるのですが、やはりこれほど新鮮なものを皮や肝ごと生で食べたことはありませんでした。

教えてもらった通り食べた結果がこちら・・・ww



まさに眼とトンビだけが残りました(笑)。



そして今日は黒ウニの入荷もあるとのことでしたので、一ついただきました。



ムラサキウニですね。

醤油も付けず、海水の味だけでいただきました。

これは夏の隠岐産のものの方が美味しいと思いました。

そして満腹、幸せになって、残念な大雨の中、トレーラーを繋いで出雲に帰りました。

いやー、今回も美味しくて楽しい旅になりました。

次はどこに行こうかな~♪♪
スポンサーサイト
  1. 2017/04/17(月) 22:02:45|
  2. 美味しいもの
  3. | コメント:0
<<赤いほう、初乗り(笑)! | ホーム | キス釣れず、田万川温泉。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する