Hasta la vista Blog

驚いた・・。

この前の日曜日に山梨県にいる中2の甥っ子が交通事故に遭い心肺停止になったと連絡がありました。
弟から連絡があったとき、たまたま実家のある松江にいたため、すぐに実家に行き両親に報告。
両親はひどく動揺していたけど、遠い山梨県での出来事にどうするすべもない状態でした。

近くにおられた方々や救急車で素早く駆けつけてくれた救命救急士の方々、救急科の医師の方のおかげで心臓は動き出したそうです。

その後、脳障害を抑えるために低体温療法に入りました。
一度体温を下げて徐々にもとに戻していく治療です(こんな一言で言うほど簡単なことではありませんが・・)。

一昨日、母親を連れて山梨県へ向かう途中、意識が回復したとの連絡を受けやや安心。
病院に着くと大勢の親戚たちが集まって意識の回復を喜んでいました。

もちろん、意識の回復と言っても普通にしてるわけではなく、薬が効いててまだ寝たり覚めたりの状態です。
それでも呼びかけに答えたり手足を動かしたりしていました。

まだまだ予断は許されない状況ですが、何とか一命だけは取り留めたという感じでしょうか。

テレビやニュースの中の話みたいな気でいたのに、身内でこのようなことが起こるとは…。
事故には被害者にも加害者にもならないように気を付けなければならないと改めて思いました。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/28(金) 13:58:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:6
<<驚いた・・2 | ホーム | Z1の塗装。>>

コメント

普段何ごともなく過ごしていますが、世の中では日々、様々なことが起こっていますね。
ハンドルを握り、普通に運転してはいるものの、イザ考えてみると、とんでもない“凶器”を運転してるんですね。“走る凶器”とはよく云ったものです。

身の回りで、事故の被害者や加害者になると、『気をつけなければ!』と思います。
これも、神様が«あなたも注意しなさいよ»と教えてくださっているのではないでしょうか。

Shugoさんの記事を読み、今一度、安全運転せねばと思いました。

甥っ子さんの早期回復を祈ってます。
  1. 2013/06/28(金) 16:40:15 |
  2. URL |
  3. ひろ #-
  4. [ 編集]

ひろさん。

ありがとうございます。
おかげさまで、今日も少しずつ回復しているようです。
まったく突然のことで驚きましたが、平均したら毎日10人以上の方が亡くなっているとのことですから、いつ誰に起こってもおかしくないと思いました。
気をつけましょうね〜。
ちなみに出雲大社へ行き、真剣に祈ってまいりました。
  1. 2013/06/28(金) 16:56:26 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

そんな大変な時に脳天気な電話をかけてしまい、大変申し訳ありませんでした。

仕事柄、交通事故とは無縁でありませんが、身近な方の事となると身震いがします・・・。


甥っ子さんの回復を心よりお祈りします。
  1. 2013/06/28(金) 21:12:37 |
  2. URL |
  3. tune #mQop/nM.
  4. [ 編集]

tuneさん。

いえいえ、ご存知なかったわけですから。
こちらこそお気遣いありがとうございます!
甥っ子は今日、両親と普通に近い状態で会話したそうです!
まだまだですが頑張ってくれてます。
ここ何年か、おじちゃん(僕ですが)が美味しいお鮨屋さんに連れてってくれるってことで出雲に来ています。
今年も来てもらうためと、Zのために必死で働きますww

  1. 2013/06/28(金) 22:17:34 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

以前、クモ膜下出血で倒れた年配の女性が、日本大学に搬送され、低体温療法で脳細胞の破壊を回避し、落ち着いてからOPで血腫を取り除き、その後なんの後遺症もなく日常生活に戻られたTVのレポートを見たことがあります。その日本大学の教授の下に、有名国立大学から学びに来ている医師の方々がいたことも思い出しました。低体温療法が普及されていて本当によかったです。

実家の隣のおじさんは、若い頃に心肺停止を経験されていますが、今では80歳を越えています。バイオメタノールを主燃料に動き回るDr.とだぶりますが・・・。

前途有望な若者の命が救われた事に、涙が止まりません。我々と違い、若者の生命力は素晴らしいですよね。甥っ子さんが一日も早くご快復されますように。
  1. 2013/06/29(土) 09:07:03 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

久。

ありがとう!
甥を見てくれたお医者さんも低体温療法では知られた先生だったようで、不幸中の幸いでした。
若い回復力に期待してるところです。
ありがとうね。
  1. 2013/06/29(土) 11:12:20 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する