Hasta la vista Blog

おもてなし。

娘がうちを出てから約2週間が経ちました。
もちろん寂しくはなったけど、だからと言ってしょんぼりしていてもぐちぐち言ってても娘が帰ってくるわけではないので、これはチャンスと考えて嫁さんと夫婦二人で旅行に行きまくることにいたしました(笑)。

まあ、18年ぶりの夫婦二人旅ですわ。
だからってどってことないんですけどね…。

4月13日、14日の日曜、月曜は連休をいただいていました。
ただ、仕事柄12日の仕事が終わるまで、13、14日の二日間が完全にフリーになるか分かりません。
なので、旅館やホテルの予約も前日の夜になってようやくできる、という状況です。

そして、12日夜、仕事終了♪♪
完全フリー二日間決定!

数日前から行きたい温泉と旅館をネットでチェックしてたので、フリーと決まったらすぐ予約。

岡山は湯原温泉に決定です♪

米子道蒜山SA、まだ雪が残っててきれいでした。



そのまま湯原を通り過ぎ、倉敷のアウトレットへ。
嫁さんが鬼のように買い物をすると張り切ってました(笑)。
僕は運転手と荷物持ちに徹します。

お昼は近くの中華料理店、どうやら四川系のお店みたい♪
かなりたくさんのメニューがあったけど、ここは酸辣湯麺に決定!

どーん!

いつも慣れ親しんでいる出雲翠苑さんのものとは全然ルックスが違いますね。
餡かけだし、黒いし。

鶏肉たっぷり・・。



そして買い物が終了後、湯原温泉に向かいました。

露天風呂ランキングでは西の横綱と称される有名な名湯です。



今回選んだ宿は匿名希望です(笑)。

なんせ貴重なフリーの休み、特に忙しいこの時期を乗り切るため、ゆっくり休んで美味しいものを食べてまったりと寛ぐのが最大の目的でした。
先日家族で行った山口の旅館のゆっくりした時間と食事がフラッシュバックします。
静かにジャズの流れる間接照明の素敵な部屋で、これまた絶品の創作料理をいただきました♪
ああ、もう一度、あんな夜を…。

楽天トラベルやじゃらんなどの口コミを見て評価の高い旅館をいくつかピックアップ、その中の各旅館のホームページを参考にして決めました。

ホームページによると女将さんも若女将さんも、ひとりひとりのお客様にゆっくりとくつろいでいただけるために心のこもったおもてなしをしております、とか、ゆっくりと美味しい料理を味わってくださいなどと、それはそれは素晴らしい言葉が並んでおりました。

これは期待できそうです。

寂れた温泉地をおもてなす心で見事に復活させた黒川温泉みたいに、きっとこちらの宿も頑張っておられるんでしょう。

チェックイン後、部屋に通され、スタッフの方から食事をする部屋の説明をうけ、19時からの夕食をお願いしました。
食事処の隣の部屋で団体様の宴会が入っているので少し騒がしいかもしれず申し訳ありませんとの説明も受けました。

まあ、それくらいならどこの温泉でもあること、気にしません。

そして寂れた温泉街を少し歩き、砂湯も見て、宿に帰り、お風呂に入り浴衣に着替えさて、いつも通りビール♪♪
これはもう天国ですな♪



そして19時まで部屋でのんびりくつろいでいると・・・、それはまさに何の前触れも無く突然やって来ました!
そう、突然、信じられないほどの大音量で演歌のカラオケが!!
びっくりして嫁さんを見るとやっぱり彼女もびっくりしてこっちを見てました(笑)。
どうやら階下の食事する部屋の隣の団体様のご宴会らしい…。
宴会があるとは確かにお部屋で聞かされましたが、まさかの大音響ど演歌カラオケまでとは…ww

1階の大音量のカラオケが2階の部屋までこんなに大きく聞こえてくるんだから・・、この宴会の隣で夕食って・・。

取りあえずフロントに電話してみました。

「私たちが食事をする場所はこのカラオケ宴会の隣の部屋なんですか?」
「はい、そうなっておりますが。」
「いやー、2階までむちゃくちゃ聞こえてくるんですが。」
「でも仕切りがありまして…。」
「仕切りって襖ってことですか、大部屋が襖で仕切られてるってこと?」
「はい、そうですが。」
「いや、しかし、これじゃゆっくり料理を味わうどころじゃないと思うんですが・・。」
「はあ。でも9時過ぎには終わると思いますが。」
「いや、そういうことではなく…、あの、ご無理かもしれませんが、部屋食に変えていただくことはできないでしょうか?」
「人手の関係で今からはできません。」
「・・・。」

一度電話を切り、嫁さんに説明。
その間も大音響演歌が鳴り響いています。

「夕食はやめよう。」
「え、食事はどうするの?」
「さっき歩いてたら居酒屋さんやラーメン屋さんがあったから、そこで済ませて寝るだけに帰ろう。」
「だって・・。」

そりゃ、そうです、嫁さんの言う通りです、さすがに用意してもらってる食事がもったいないし、料金もったいない。

しょんぼりする嫁さん。
が、その間も延々と演歌が鳴り響いています。

我慢して食事をして9時過ぎまで大音響の演歌を耐えて、寝る…。
楽しいか…?

「じゃあ、チェックアウトしよう。」
「え、でも・・。」
「このまま我慢して朝まで不愉快なままだったらきっと今回の旅行そのものを後悔して湯原温泉が大嫌いになるよ。」
「うん。」

フロントに電話。
「あの、すいませんが、チェックアウトします。」
「え、はあ、そうですか。」
「料金は全部きちんと支払いますから。」
「はい。」

そしてまたまた着替えてフロントに降りて行きました。
途中、大音響の宴会場の前を通りましたが、僕らが食事をするはずだった部屋で3、4組のお客さんが食事をしておられました。
おそらく同じテーブルのご家族同士の会話も大声で話さなければ聞こえない状態でしょう。

フロントには支配人でしょうか、男性が一人。
「すいません、チェックアウトをお願いします。」
「はい・・、あの、うちは温泉旅館なので宴会もありますから。」
「いえ、それは分かってますし、それについてどうこう思ってはいませんよ。」
「それに、今さらカラオケを止めてくださいって言うわけにはいきませんから。」
「いや、誰もそんなこと一言も言ってないでしょ、ただ、私たちはあの喧噪のなかでゆっくりと食事を楽しむことができないのでチェックアウトしたいと思っただけです。」
「はい、そうですか、朝食代はサービスしておきますから。」
「それはどうもご親切にありがとうございます。」
3万9千円ちょっとが3万7千円ちょっとになりました…、ああ、嬉しいですねww

さて、すでに日も暮れた夜の7時過ぎ。
これからどうしよう。
ビール飲んじゃってるしな…。

嫁さんはしょんぼりしてる。

このまま嫁さんに運転してもらって米子まで行ってビジネスホテルに泊まろうか…。
嫌な思い出だけが残るなぁ…。

一応、フロントの男性に聞いてみる。
「私たちこれからどうしたもんでしょう。」
「は、と言いますと?」
「路頭に迷うわけなので、申し訳ありませんが旅館組合さんか何かに連絡して宿を探してもらうことはできませんか?」
「はあ、では少しお待ちください…。」

そして紹介してもらったのが八景さん。

ここが素晴らしすぎでした♪♪♪♪♪

僕も広義ではサービス業に属しています(本人は職人と思ってますがww)。

おもてなしってどういうこと?
もてなす側ともてなして欲しい側。
お互いが思っているもてなし度が違えばこうした行き違いが起こるってことですね。

不景気です。
団体さんの宴会は美味しいでしょう。
それは良く分かります。
数組の客は数時間程度のカラオケの音くらい我慢してもらえばいい訳です。

ならばお客さまおひとりおひとりのために、などと言ってはなりません。

せめて予約後メールや電話で「カラオケ付きの宴会が襖で間仕切りされたお食事部屋の隣で行われますがよろしいでしょうか?」とか聞けなかったのでしょうかねぇ。
到着時に一言確認できなかったのでしょうかねぇ。
あるいは申し込まれてなくても部屋食の準備をするとかしてくれてたら、逆に感謝したかもしれないのに…。

口だけお客さまのためというのは簡単だなぁ。

前々から自分についても戒めているつもりですが、ちゃんと己のキャパを知り、分不相応なサービスはしないこと。
できないことはできないと知ること。
でなきゃ、おもてなしは逆に毒になります。

いやー、いい勉強に鳴りましたわ〜。

そして、次の八景さんの対応の驚くべきこと。
素晴らしいおもてなしを受けました。

それはまた今度♪
おおー、長くなっちゃったww
スポンサーサイト
  1. 2014/04/16(水) 22:23:29|
  2. ファミリー
  3. | コメント:4
<<次の旅館! | ホーム | お花見とラーメン。>>

コメント

仲良し夫婦!

羨ましいですなぁ~!
旅行は、のんびりゆったりすごしたいですもんね!
まぁ、旅館はさておき。。。

お二人は、仲がいいんですね♪
  1. 2014/04/17(木) 02:42:56 |
  2. URL |
  3. aiko #-
  4. [ 編集]

aikoちゃん。

あはは、仲がいいんだかどうだか、普通に夫婦喧嘩もするし、まあ、普通だと思うよ~♪
  1. 2014/04/17(木) 08:38:17 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

前お宿は、お客様を入れることを目的に
後お宿は、帰られるお客様の笑顔を目的に
ですね
入口を大事にしているか、出口を大事にしているかの違いですよね。

とかく、入口に目を向けがちですが、物事は出口が一番だと思います


・・・ってか、この出口・入口のネタ 仕込んでる最中です
またしても、Shugoさんに先を越されました
追いつけんわ~(^^ゞ
  1. 2014/04/18(金) 17:08:00 |
  2. URL |
  3. ひろ #-
  4. [ 編集]

ひろさん。

なにやら面白そうなミッションやっておられますね♪
出口・・、なるほど、大切なところはそこですね。
ひろさんの入口、出口ネタも楽しみです。
  1. 2014/04/18(金) 17:42:20 |
  2. URL |
  3. Shugo #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Shugo

Author:Shugo
1961年生 ♂
出雲地方に生息中
HP:Hasta la Vista

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する